北條慎治の出身中学は?仙台育英の仁田とは同じ中学校でライバル!

‎【ドラフト】花巻東:北條慎治の出身中学は?仙台育英:仁田とは同じ中学校でライバル!

「エースで4番」昔から野球少年が憧れるチームの主役ですよね。

そんな「エースで4番」を名門:花巻東高校で務めているのが、北條慎治選手

佐々木麟太郎選手の後ろを打ちながら、エースとしても、チームの欠かせない選手です。

今回は、

  • 北條慎治選手のプロフィール
  • 出身中学や小学校
  • 家族構成

について紹介して行きます。

あわせて読みたい
佐々木麟太郎のwiki風プロフィール!父親は花巻東の監督で、兄弟はいる? 通算HP140本と高校通算HRで歴代最多の本数を記録している佐々木麟太郎選手。 1年生から花巻東高校のレギュラーを務め、父親は花巻東の監督を務めています。 今年のドラ...
目次

北條慎治のプロフィール(身長や出身地)

花巻東:北條慎治

参照:朝日新聞

  • 名前:北條慎治
  • 呼び方:ほうじょう しんじ
  • 生年月日:2005年4月30日
  • 出身地:岩手県大船渡市
  • 身長:185cm
  • 体重:82kg
  • 高校:花巻東高校
  • ポジション:投手、レフト
  • 夏の甲子園背番号:1
  • 最速球速:145キロ

北條慎治選手は、岩手県大船渡市出身で、花巻東高校でエースナンバーを背負っています。

ピッチングだけでなく、野手としての評価も高く、夏の甲子園 2回戦のクラーク戦では、6回4安打無失点の好投を見せ、7回からはレフトを守っています。

8回の1アウト満塁のピンチの場面で、ホームへのバックホームでサードランナーを釘付けにするプレーを見せるなど、投手・4番・レフトと3足の草鞋をこなす素晴らしい選手です。

北條慎治の出身小学校

北條慎治選手の出身小学校は、立根小学校で、小学2年生から立根野球スポーツ少年団で野球を始めます。

投手兼捕手として岩手県大会に出場し、ベスト4に入っています。

北條慎治の出身中学校

北條慎治選手の出身中学校は、大船渡市立第一中学校です。

現在、プロ野球千葉ロッテマリーンズで活躍されている佐々木朗希投手の母校でもあり、弟の大船渡高校の背番号1・佐々木怜希(3年)や仙台育英の仁田陽翔投手(3年)と同じ中学校です。

全員中学時代に140キロを超える豪速球を投げる剛腕で、とんでもない選手を輩出する中学校ですね。

大船渡市立第一中学校では、仙台育英の仁田陽翔選手がチームのエースを務め、北條慎治選手は野手を務めていました。

仁田がいたので自分がピッチャーをやることなんてほとんどなかった

参照:スポニチ

仙台育英の仁田選手や大船渡高校の佐々木怜希選手とは、年末には地元で集まるほど仲がいいそうです。

今年の岩手県大会で、佐々木投手の大船渡とは、お互いに勝ち進めば準決勝で当たる予定でしたが、大船渡高校が3回戦で敗退してしまったため、投げ合いは実現しませんでした。

それにしても、名門でエースを張る選手を3人も輩出しているは大船渡市立第一中学校は異常ですね。笑

ちなみに、北條慎治選手、仁田投手、佐々木投手のそれぞれの最速球速は

  • 北條慎治選手:145キロ
  • 仁田投手:151キロ
  • 佐々木投手:143キロ

全員140キロを超えていますね。

北條慎治の家族構成

北條慎治選手の家族構成は、母親、大学生の姉、小学生の妹の4人家族です。

野球を始めるきっかけとなった父は、北條慎治選手が中学2年生になった時に、病気のため、亡くなられました。

北條慎治選手は、父が亡くなってから、

家族は俺が守る

「男は自分1人なので家族は自分が守るつもり」

参照:スポニチ

心の中で強く誓ったそうです。

幼い頃から一緒にキャッチボールをしていた父が亡くなり、相当なショックなはずですが、「男は自分しかにいない。だからこそ、父に代わって家族を守っていいく。」と中学2年生で決めた北條慎治選手の覚悟は相当だったと思います。

その覚悟は、行動と結果で現れます。

甲子園を夢見て花巻東高校に入学し、速球は最速145キロまで計測するようになり、打撃センスを買われ、岩手県大会ではクリーンナップを打ち、全5試合に出場して打率3割1分6厘、1本塁打、8打点を記録。

夏の甲子園では、エースで4番を任されています。

3番を打つ佐々木麟太郎選手が勝負を避けられる場面が多く、4、5番を打つバッターがとても重要となりますが、普段から「一、二塁」などチャンスの場面で、4番と5番がランナーを還す練習を徹底しているそうです。

その結果、夏の甲子園 2回戦:クラーク戦の4回1アウト3塁の場面で、サード強襲のヒットを放ち、先制点を演出しています。

実際、佐々木麟太郎選手も、

「長打も打てる北條や千葉が次に控えていることで、『アウトになってもふたりがいる』と安心感があるといいますか、目一杯、バットを振らせてもらっています」

参照:Yahoo!ニュース

と語っています。

北條慎治選手は幼少期からの夢が「プロ野球選手になることです。

甲子園で活躍し、ぜひ、プロ野球選手になるという夢を叶えてほしいと切に願っています。

北條慎治の最速球速

北條慎治選手の最速球速は、145キロです。

全国高校野球岩手大会2回戦の盛岡市立戦にて、記録しました。

中学時代は、仙台育英の左腕:仁田投手がエースを務めていたので、北條慎治選手は野手を務めていましたが、投手への憧れは強く、花巻東高校入学後、本格的にピッチャーに挑戦。

入学直後は、124キロだったストレートは、下半身強化や食トレの成果もあり、最速145キロを計測するまでに成長しました。

筆者は甲子園2回戦のクラーク戦をみていましたが、6回を無失点に抑え、その後、レフトを守り、1アウト満塁のピンチをワンバウンド送球でランナーをサードに釘付けにした強肩ぶりには驚愕しました。

ピッチャー、4番、レフトと3足の草鞋と北條慎治選手が背負う責任感はとても素晴らしいですよね。

まとめ

ここまで北條慎治選手について紹介してきました。

最後に本記事のまとめをして行きましょう。

  • 佐々木麟太郎選手がチームバッティングができるのは北條慎治選手が後ろにいるから
  • 最速は145キロで入学当初は124キロ
  • 将来の夢はプロ野球選手

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次