田澤廉の進路(就職先)はトヨタ!現在は彼女いるの?【世界陸上】

‎【世界陸上】田澤廉の進路(就職先)はトヨタ!現在、彼女はいるの?

2023年8月19日にブタペストで行われる世界陸上に日本代表として出場する田澤廉選手

駒澤大学時代から世界で活躍し、今年からトヨタ自動車に入社しました。

今回は、

  • トヨタ自動車を選んだ理由
  • 田澤廉選手のプロフィール
  • 彼女はいるのか

について紹介していきます。

目次

田澤廉の進路はトヨタ!就職先に選んだ3つの理由

充実した設備が整っている

トヨタ自動車陸上長距離部には充実した練習設備が揃っています。

白谷海浜公園内 陸上競技場

参照:トヨタ自動車HP

白谷海浜公園内 陸上競技場は、芝生等がしっかりと手入れされ、青色のタータンで練習できる環境になっています。

寮からは5キロ離れた場所にあるため、ポイント練習で競技場まで走っていく選手もいるそうです。

ちなみに陸上競技場のタータンは赤色が主流ですが、青色タータンにすることで、興奮を抑え集中力を高める効果があります。

日本の公認陸上競技場では30箇所しかないそうですよ。

トヨタ自動車田原工場 厚生センター内-クロスカントリーコース

参照:トヨタ自動車HP

トヨタ自動車田原工場の敷地内にはクロスカントリーコースがあり、本格的な仕様になっています。

クロスカントリーでの練習の効果は

  • 心肺機能の強化
  • 足への負担が少ない
  • 全身の筋肉を鍛えられる
  • ランニングフォームの改善

と得られるメリットが大きいです。

蔵王山

参照:トヨタ自動車HP

愛知県田原市には蔵王山という山があり、選手たちは朝練習時に寮から蔵王山展望台までの11キロを走っているそうです。

自然豊かな環境で走れるので、トヨタ自動車の選手にとっては大事な練習コースです。

このように、トヨタ自動車が陸上競技部長距離をバックアップしていることもあり、練習設備はとても充実しています。

元々筆者も高校時代は陸上をしていたのですが、これだけの設備が整っていれば、最高の練習ができるなと思いますよね。

オリンピック・世界陸上に多くの選手を輩出している

トヨタ自動車陸上長距離部の大きな魅力世界陸上やオリンピックに多くの選手を輩出していることです。

これまでのオリンピックや世界陸上への出場選手をまとめると、

  • 2020年東京オリンピック:服部勇馬(マラソン)
  • 2022年世界陸上:西山雄介(マラソン)
  • 2023年世界陸上:西山和弥(マラソン)、田澤廉(1万メートル)

近年は必ず選手を輩出しています。

また、2023年5月には、U20世界選手権銀のコリル・フェリックス選手がチームに加入しました。

5000メートル13分07秒99の記録を持つ選手です。

現在、19歳とこれから世界で活躍していく選手で、トヨタ自動車の選手としてはとても刺激になります。

筆者は元長距離をやっており、箱根駅伝やニューイヤー駅伝をよく見ていたのですが、トヨタ自動車の選手を見てみると、

  • 服部 勇馬(主将)
  • 西山 雄介(副主将)
  • 大石 港与
  • ビダン・カロキ
  • 山藤 篤司
  • 太田 智樹
  • 西山 和弥
  • 青木 祐人

服部 勇馬(主将) 西山 雄介(副主将)

参照:X(Twitter)

かつて箱根を沸かせた選手が大勢おり、個人的に凄い選手が集まっているなと改めて思いました。

2023年のニューイヤー駅伝では1位と約2分差の勝負で、4区まではかなり接戦でした。

そのくらいレベルの高い選手が集まる環境で練習できるわけですから、トヨタ自動車を選ぶ一つの理由として考えられますよね。

大八木監督が指導してくれる

田澤廉と大八木監督

ここまで、練習環境・レベルの高い選手が集まっていることを紹介してきましたが、トヨタを選択した大きな要因は、大八木監督の指導を受けることでしょう。

田澤廉選手は、駒澤大学のエースとして2年生から箱根駅伝の2区を任されます。

3年生時に出場した日本選手権では、1万メートルで日本人学生歴代2位の27分39秒21を記録し、瞬く間に日本のトップランナーへと成長しました。

大学4年生時は、世界選手権1万mの代表として出場。

3年連続で箱根駅伝2区を走り、出雲駅伝・全日本大学駅伝・箱根駅伝で大学3大駅伝3冠を達成し、大八木監督の勇退に花を添えました。

ただ、元々田澤選手は、自分は世界で戦える選手だとは思っていなかったそうです。

自分は箱根駅伝に出たいというところからスタートしたんです。

そこに大八木監督がスカウトに来てくれました。すごく熱量があって、この人について行けば絶対に自分は伸びるっていう確信がありました。

駒澤大学に入った当初から監督は、“世界!世界!”って言っていたんですけど、自分には絶対無理だと思っていました。

そんな力はないって思っていたんです。けど、監督は世界で戦える選手になると言ってくれていました。

参照:mark

大八木監督といえば、熱血指導で有名で、箱根駅伝での「男だろ!」という名言は陸上してる人なら聞いたことあるのではないでしょうか。

そんな陸上に対して熱い大八木監督は田澤選手にとっては恩師で、その恩師と共に世界を目指していくことを決めます。

現在はトヨタ自動車に所属しながら、拠点は駒澤大学で練習しているそうです。

お二人の今後の目標は、24年パリ五輪で1万メートル代表、28年ロス五輪でマラソンを狙っており、ぜひ、二人三脚で世界のトップランナーたちと競い合うレースが見たいですね!

田澤廉のwiki風プロフィール

田澤廉

参照:X

ここまでだいぶ田澤廉選手について紹介してきましたが、簡単なプロフィールをまとめておきましょう。

  • 名前:田澤廉
  • 呼び方:たざわ れん
  • 生年月日:2000年11月11日
  • 出身:青森県八戸市
  • 年齢:22歳
  • 身長・体重:180cm・61キロ
  • 5000m記録:13分22秒63
  • 1万m記録:27:23.44(日本歴代2位)
  • 所属チーム:トヨタ自動車

田澤廉に彼女はいる?

現在、田澤廉に彼女はいる?

田澤廉選手に彼女はいないようです。

現在(2023年8月)、世界陸上1万mの選手として世界を相手に大八木監督と戦っています。

そのため、彼女よりも競技に集中したい時期ではないでしょうか。

ただ、大学時代から素晴らしいの戦績を残していましたから、大学の女性にはモテたことは間違いなさそうです。

まとめ

まとめ

ここまで田澤廉選手について紹介してきました。

最後に本記事のまとめをしていきましょう。

  • 進路先はトヨタ!
  • トヨタを選んだ理由は大八木監督と練習できる環境を選びたかったから
  • 現在、彼女はおらず、競技に集中

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 田澤廉さんのマネージャーであり、彼女いないようで、私が1番のりの田澤廉の嫁になりましょう。田澤廉さんが、駒澤大学一年の時から、応援していました。

コメントする

CAPTCHA

目次