大阪桐蔭・前田悠伍の出身小学・中学はどこ?父・兄、甲子園での成績も紹介!

‎大阪桐蔭・前田悠伍の出身小学・中学はどこ?父・兄、甲子園での成績も紹介!

2023年のドラフト1位候補の大阪桐蔭・前田悠伍選手

最速147キロの速球を武器に1年生の頃からチームの主軸として活躍してきた選手です。

今回は、

  • 前田悠伍選手のwiki風プロフィール(身長・球速)
  • 小学・中学時代のエピソード
  • 父・兄とのエピソード

について紹介していきます。

目次

大阪桐蔭・前田悠伍のwiki風プロフィール(最速・身長)

大阪桐蔭・前田悠伍

参照:X

  • 名前:前田悠伍
  • 読み方:まえだ ゆうご
  • 生年月日:2005年8月4日
  • 年齢:18歳
  • 出身地:滋賀県
  • 出身小学校:古保利小学校
  • 出身中学校:高月中学校
  • 高校:大阪桐蔭高校
  • 最速球速:147キロ
  • 身長:180cm
  • 体重:80キロ

前田悠伍の身長

前田悠伍選手の身長は、180cmです。

前田投手の身長は高校球児の中では、高いのか低いのかを調べてみたのですが、今年甲子園に出場した高校のベンチ入りメンバーの平均身長が173.39cmでした。

また、身長が高い選手トップ10のうち8人が投手。

やはり高身長の方が、球の角度や球速が上がるので、有利ですよね。

前田投手の身長は180cmなので、高身長の方に入ります。

ちなみに楽天の田中将大投手は、プロに入ってから身長が2cm伸びたそうです。

前田投手もまだ身長が伸びる可能性があるかもしれないですね。

前田悠伍の最速球速

前田悠伍選手の最速は148キロです。

チームのスピードガン計測では最速148キロ。自己最速の2キロ更新に「1球ではなく、多くが148キロでした」と石田寿也コーチは明かした。

参照:中日スポーツ

中学時代に138キロを記録していたので、当時からプロから注目を浴びていました。

ちなみに、左ピッチャーが投げるストレートは右ピッチャーが投げるより5キロ速く感じるのだそうです。

150キロを投げれる投手をよく剛腕と言いますが、前田投手の場合、サウスポーで5キロ増しで見えるので、バッターからは153キロの豪速球に見えているかもしれません!

大阪桐蔭・前田悠伍の小学校時代

前田悠伍選手の出身小学校は、長浜市立古保利小学校です。

前田投手は、父と兄の影響で野球を始め、小学校2年生の時に「高月野球スポーツ少年団」でプレーは始めます。

ただ、野球を始めた頃から投手をやっていたわけではなく、小学4年生まではファーストや外野を守っていました。

しかし、小学5年生ごろから、ピッチャーとしての才能を開花させていきます。

小学6年生には、「オリックス・バファローズジュニア」に選ばれ、3ヶ月間プレーしています。

大阪桐蔭・前田悠伍の小学校時代

参照:YouTube

こちらが小学校時代の前田投手ですが、あどけない感じでとても可愛いらしいですね。

憧れの選手は松井裕樹投手だそうで、コントロールが抜群なところが憧れているポイントだそうです。

オリックスJr.でのプレーについて、前田投手は、

「プロ野球のユニフォームを着ているということでけっこうプレッシャーもありましたが、その中でも楽しみがありました」

参照:高校野球ドットコム

と語っており、ここでの経験が今の前田投手のルーツとなっているんですね。

大阪桐蔭・前田悠伍の中学時代

前田悠伍投手の出身中学校は「長浜市立高月中学校です。

中学時代の前田投手は、湖北ボーイズでプレーしています。

1年生時では、カル・リプケン12歳以下世界少年野球日本代表で選出され、世界一輝いています。

前田投手は決勝戦の韓国戦に登板し、5回1安打無失点の快投を見せます。

また、国際大会での経験は前田投手にとって、とても大きかったようで、

日本代表に選ばれた投手として名が知られたことで、「変なピッチングをしたら『こんなもんか』と思われてしまう」とより自分に結果を求めるようになる。

湖北ボーイズに戻ってからは代表の内野手が自分にどんな声掛けをしていたかをチームメイトに伝えたという。

参照:高校野球ドットコム

国際大会での経験をチームメイトに伝えたり、投手としてさらに成長するきっかけになりました。

ただ、中学時代はコロナもあり、全国規模の大会が開催されず、中学3年生は練習も思うようにできなかったそうです。

そのため、1日4時間の体幹をトレーニングをし、体づくりに力を入れていたそうでうで、チームメイトからも体ゴツくなったと褒められたとのこと。

野球ができなくても、自分のやるべきことをしっかりと考え、行動できる姿は尊敬に値しますよね。

中学時代の成績

中学時代の成績を時系列で紹介します。

中学1年生

  • カル・リプケン12歳以下世界少年野球日本代表 世界一

中学3年生

  • 第21回大津びわこ大会で準優勝
  • 第31回滋賀大会で優勝
  • 衣笠祥雄旗争奪第2回全京滋中学硬式野球大会で準優勝

中学時代のバッテリー

前田悠伍選手は、湖北ボーイズ時代に報徳学園:林 純司内野手とバッテリーを組んでいました。

高校に入ってからは、内野手に転校しています。

大阪桐蔭・前田悠伍の父・兄について

大阪桐蔭・前田悠伍の父・兄について

前田悠伍投手の家族構成は、父親・母親・兄の4人家族です。

前田悠伍の父

前田悠伍投手の父親の名前や年齢については分かりませんでしたが、滋賀県立伊香高等学校の野球部在籍し、投手とショートでプレーしていました。

甲子園出場やメディアに注目を浴びるほどの活躍はされていないようです。

ただ、前田投手が野球を始めるきっかけは、父と兄の影響なので、前田投手にとって、父親の存在はとても大きかったはずですよね。

前田悠伍の兄

前田悠伍投手の兄は、前田詠仁さんです。

野球を始めたきっかけは、兄:詠仁さんが野球をしていたからだそうで、

「お兄ちゃんは一番近い、すごい人」。

参照:毎日新聞

と、憧れの人だったようです。

小さい頃は、兄と軟らかいゴムボールを使って、打者と投手に分かれる「1対1」の勝負をほぼ毎日していました。

ただ、4歳差も離れている兄になかなか勝負で勝つことができず、悔しくて毎回泣いていたそうです。

「毎回毎回、僕が打たれたり抑えられたりして、でっかい声で泣いていた。いつもおばあちゃんが心配していた」。

参照:毎日新聞

ただ、その兄に勝とうと必死に背中を追っていたからこそ、今の前田投手の負けず嫌いの原点となりました。

現在、兄の詠仁さんは、社会人として働き、前田投手の良き相談相手だそうです。

まとめ

まとめ

ここまで前田悠伍選手について紹介してきました。

最後に本記事のまとめをしていきましょう。

  • 前田悠伍選手の身長は、180cm
  • 野球のルーツは、父と兄
  • 出身小学校は、長浜市立古保利小学校
  • 出身中学校は、長浜市立高月中学校

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次